タグ別アーカイブ: 新喜劇之王

★業界人が心をこめて読み解き、夢の力を伝える 3

・徐嬌(俳優):どの監督も自分のスタイルを持っている。そして、チャウ監督は独特のスタイルを持った監督である。心情は全ての人の心情ではありえない。彼のことをわかる人は自然とわかる。努力、奮闘!

・叶璇(俳優):映画を見てとても好きになった。ストーリーは本当に私たち業界の多くの事情を反映していて、私を感動させた。

・張柏芝(俳優):すばらしい! 応援します。

・張雨綺(俳優):もしできるなら、彼にたとえ宇宙が滅亡した後も、堅持して観客のために作品をささげる人でいて欲しい。コメディでも悲劇でも。最大の誠意をもって料理した豪華な食事はたとえ調整が難しくても人情に満ちていて、「新喜劇之王」は私の見る所、依然として王の中の王である。

・周遊 希望小学周主任(俳優):今回尹天仇はついに監督になり、尹天仇に属する映画を撮ることができた。

・楊威YYY(オリンピック体操チャンピオン):星爺についても宝強についても、また我々チャンピオンについても、努力、奮闘は切り離せないものである。成功の定義について人々は皆追い求めるものが違うが、星爺の映画は成功の道にさらに多くの力を注ぐことができる。

・鸚鵡史航(名脚本家、策画人):この映画は特別に澄みきっていて、構成が明らかである。淡々としていて、次の瞬間、夢の地のために勢いがさかんになる。

・楊天真小姐(壹心娯楽CEO):これは人生の夢についてのストーリーであり、完璧ではないが人を感動させる。もし、他の人の評価や長時間成功しないことさえ乗り越えられないなら、どうして夢を語れようか?

・陸超superLu(シンガーソングライター、俳優):夢を持つ者は皆すばらしい。努力でき、堅持できさえすれば、起死回生の日がやって来る!

・頓河(脚本家):簡素で地味だが、新しさを加えて、味わいは限りない。人生は夢の如し、投降しさせしなければ、成功である。

★業界人が心をこめて読み解き、夢の力を伝える 2

・大鵬董成鵬(監督、脚本家、俳優):星爺の「新喜劇之王」を見た。童心を保つのは何と貴くかつロマンであることか。

・杜淳(俳優):一人の俳優として、星爺が何を表現したいのかわかるということがなお好きだ。

・林允(俳優):如夢はエキストラから本当の俳優になるために、多くの挫折を経験し痛みを受ける。これは彼ら(両親)に撮影中の私の苦労を連想させ、私を慈しませた。パパママ、愛しています。娘は自分のことをちゃんと大事にします。

・利穎怡(俳優):見てすぐ泣いた。「人は私がおかしいと笑うけれど、私は彼らが見通せないのだと笑う」

・李虹辰(俳優):星爺は世の人にまだ光があることを示した。それはゴミの山に開いた小さな花であり、世界に友人がいないことの願いである。さらに暗闇の中にこそ光と呼べる光があるのである。

・佟麗婭(俳優):笑いの中に愛があり、愛の中に涙がある。夢のために努力をする全ての人が自分の望むようになれますように。

・王子文Olivia(俳優):私は俳優である。私はずっといい俳優になるための道で堅持し、努力して来た-「新喜劇之王」星爺を応援する。

・Mr 凡先生(歌手、俳優):夢のために堅持し怠けずにがんばる全ての人はすばらしい、星爺に感謝。

★業界人が心をこめて読み解き、夢の力を伝える 1

公式微博でのコメント集です。ネタバレはありません。

・馮志強(監督、脚本家):笑いの中に涙があった。長いことこんな笑って心行くまで楽しみ、同時に何度も感動して涙する映画を見たことがなかった。これが私の「新喜劇之王」の見てすぐの感覚だ。

・郭子健(監督):この映画はとても星爺で、とても真にせまり、とても哀しく、とても物悲しく、しかしまたとてもユーモアがある!

・谷徳昭(監督、脚本家):「新喜劇之王」が好きだ。「古い」ということは悪いというわけではない。ただ細かい全ての部分に厳格な処理をし、童心や真心を抱く、古いアイデアはいつも人の心に直接に届くいいアイデアである。

・叫獸易小星(監督、俳優):言葉、編集方法、アイデアの設計も皆大胆でひらめきに満ちている。

・李霄峰(監督、脚本家、制片人):急な展開? それは急な展開だ、正常なカテゴリーを超えてこそチャウ・シンチーだ。

・翁子光(脚本家、監督):飴の衣を捨てた砲弾のように励まし感動させる、チャウ・シンチーには深く秘めた処世術の深さがある。人生の成功と失敗、家族の情、希望を語り、平常のように見えるが細やかさに満ちた方式を用い、爽やかで見て心地よい。

・包貝尓(俳優、監督):「新喜劇之王」が好きだ。

★興行収入5億元突破!


「あなた方の笑いと涙は最大の承諾、あなた方の拍手の音は前進の動力!」

『新喜劇之王』鑑賞レポート募集

シンチーさんの新作『新喜劇之王』鑑賞に公開地へ行かれた方で、レポートをしてくださる方がいらっしゃいましたらこちらよりお送りくださいませ。
長文でなくて構いません。現地で見かけた『新喜劇之王』のポスター等、雰囲気がわかると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

『新喜劇之王』鑑賞レポート メールフォーム