★鄂靖文(エ・ジンウェン)さんへのインタビュー

★鄂靖文(エ・ジンウェン)さんへのインタビューの動画です。
下記は後半の訳です。
「実際俳優としてよい機会を得たいとずっと思っていました。いい機会がある前は、話劇を演じることが好きでした。生計の道を縦ながら、皆に注目してもらう機会を得たいと願っていました。ですから大スクリーンに出ることは、よい手段に決まっていました。絶えず大スクリーンに出る方面の試みをしました。大スクリーンに出て、皆に見てもらいたいと思わない俳優はいません。この映画を撮った後、彼女(如夢)の身上から多くを学びました。私は彼女よりずっと劣っています。私は彼女程自信を持っていませんし、粘り強くもありません。これらの下積みの時代の経歴は、私を潤し自己を豊かにしてくれました。もしこれらの経歴がなく、以前にがんばったこともなければ、この役を得てもうまく演じられなかったと思います。

女性は30歳というこの数字を恐れると言います。30歳になると恐るべき年齢になったと思うようです。私にとって、30歳は実際とてもいい、とても幸運な年齢で一年でした。なぜなら得た物がとても多かったからです。「星女郎(シンチーガール)」と言う素敵な名を得ました。その他事業にとっても、特別によい起点となりました。

私は30歳で新人としてデビューしました。実際18歳でデビューするよりよかったと思います。私は自分がより勇敢であると感じています」

コメントを残す