タグ別アーカイブ: 鄂靖文

★成都での発布会


★1/29 成都での発布会にシンチーさん、鄂靖文さん、景如洋さん、疾風少女の李子璇さん、劉人語さんたちが出席しました。シンチーさんたちは観客のために豚の絵で「猪(祝)福」を送り、四川語の予告を上映しました。シンチーさんは疾風少女に主題曲を歌わせたわけを、「彼らはかつて夢を追う際小さな失敗にあったが、私の見る所、大成功した。彼らは皆努力と奮闘の代表だ」と語り、李子璇さん、劉人語さんは皆に「疾風舞」を指導しました。シンチーさんは「『新喜劇之王』が描くのは、小人物が努力して生活し夢を追い求めるストーリーだ。『喜劇之王』上映20年後に、これらの端役たちがまた戻って来た。今まさに努力奮闘している無数の若者たちを力づけられることを望んでいる」と言ったとのこと。(記事はこちら他)

★長沙での発布会


★1/28 長沙での発布会にシンチーさん、鄂靖文さん、景如洋さん、黄驍鵬さん、肖鶴さんらが出席しました。豚(猪)の人形にサインして、観客に「猪福(祝福と同音)」を送ったそうです。シンチーさんは「私は女性を崇拝している。以前撮ったものは男性が主のものが多かったので、私の内心の女性への高い評価を表す時だと思った。靖文は才能があり努力家で、端役だった。彼女を選んだのは偶然の縁だ」と言ったとのこと。「喜劇之王」と「新喜劇之王」を比べ、「全く新しいものだが、永遠に変わらないテーマがある。つまり、小人物の努力奮闘の過程だということだ。この奮闘は20年前と違う。20年前、私は努力しても成功するとは限らないと思っていた。20年後、私は努力すればきっと成功すると信じるようになった。これが両者の最大の違いだ」とも言われたそうです。(記事はこちら他)

★合肥での発布会


★1/26 合肥での発布会に、シンチーさん、鄂靖文さん、景如洋さん、黄驍鵬さんらが出席しました。シンチーさんは今回女性を主役にしたとし、女性の強さをたたえているので、ずっと女性のために映画を撮って、観客を感動させたかった、と語ったそうです。観客に666元の祝儀を渡し、一名に携帯を送ったとのこと。(記事はこちら他)

★南京での発布会


★1/25 南京の蘇寧総部基地での宣伝に、シンチーさん、鄂靖文さん、景如洋さん、黄驍鵬さんらが出席しました。舞台奥に出演作の名セリフ「星爺語録」10個が映し出され、シンチーさんは一番好きなのはやはり「君を養うよ」であると言い、大声で観客に「君達を養うよ」と告げた後、「養いきれないのは明らかだけど、それでも言いたい。なぜなら、これが真の愛だからだ」と言ったとのこと。3人のファンを舞台に上げ、演技を競わせた後、優れていた女性宅配便職員に「年終奨(年末賞)」の旗を与えたそうです。(記事はこちら他)

★杭州での発布会


★1/24 杭州での発布会に、シンチーさん、鄂靖文さん、景如洋さん、黄驍鵬さんらが出席しました。シンチーさんは「『喜劇之王』でもし尹天仇が柳飘飘に『君を愛してる』と言ったら、影響力はそんなになかったろう。だが、彼が言ったのは『君を養うよ』だった」と言い、彼に「愛」を示したファン達に「だから君達は私を養わなきゃ」と返し、会場中の観客が「君を養うよ!」と叫んだ、とのことです。(記事はこちら他)