タグ別アーカイブ: 鄂靖文

★鄂靖文(エ・ジンウェン)さんへのインタビュー

★鄂靖文(エ・ジンウェン)さんへのインタビューの動画です。
下記は後半の訳です。
「実際俳優としてよい機会を得たいとずっと思っていました。いい機会がある前は、話劇を演じることが好きでした。生計の道を縦ながら、皆に注目してもらう機会を得たいと願っていました。ですから大スクリーンに出ることは、よい手段に決まっていました。絶えず大スクリーンに出る方面の試みをしました。大スクリーンに出て、皆に見てもらいたいと思わない俳優はいません。この映画を撮った後、彼女(如夢)の身上から多くを学びました。私は彼女よりずっと劣っています。私は彼女程自信を持っていませんし、粘り強くもありません。これらの下積みの時代の経歴は、私を潤し自己を豊かにしてくれました。もしこれらの経歴がなく、以前にがんばったこともなければ、この役を得てもうまく演じられなかったと思います。

女性は30歳というこの数字を恐れると言います。30歳になると恐るべき年齢になったと思うようです。私にとって、30歳は実際とてもいい、とても幸運な年齢で一年でした。なぜなら得た物がとても多かったからです。「星女郎(シンチーガール)」と言う素敵な名を得ました。その他事業にとっても、特別によい起点となりました。

私は30歳で新人としてデビューしました。実際18歳でデビューするよりよかったと思います。私は自分がより勇敢であると感じています」

★鄂靖文(エ・ジンウェン)さん、シンチーさんの前作にエキストラ出演


★鄂靖文(エ・ジンウェン)さんが、「新喜劇之王」に主演する前、「西遊2 伏妖篇(西遊記2 ~妖怪の逆襲~)」で、赤ちゃんを抱いた村人役のエキストラで出演していた、との報道。(記事はこちら他)

★謝票での場面

★2/17鄂靖文(エ・ジンウェン)さんと張全蛋(チャン・チュアンダン)さんが香港で舞台挨拶に出席、二人で劇中の場面を再現、張全蛋さんは広東語で話し「私はチャウ・シンチーより男前だ」と言ったとのこと。(公式微簿の記事はこちら

★香港での謝票


★「新喜劇之王」の香港での興行収入が1800万ドルになり、鄂靖文(エ・ジンウェン)さんと張全蛋(チャン・チュアンダン)さんが2/17にお礼の舞台挨拶をするとの報道。(記事はこちら

★「新喜劇之王」予告篇端役団篇


★1/31 「新喜劇之王」予告篇の「端役団の俳優修業篇」が公開されました。役者たちがシンチーさんの過酷な要求に耐え、奮闘する様子が見られます。鄂靖文さんは「殴られる芝居のない日は嬉しかった。倒れた時に脳震盪になったと感じたこともあった」と言い、王宝強さんは「一日少なくても20テイクを撮った、多い時は50テイクを撮った。(シンチーさんとの仕事は)もう一度やり直し、始めて、自己を取り戻すことだ」と言ったとのこと。(記事はこちら他)