カテゴリー別アーカイブ: 最近的周星馳的事

★恭賀發財★

***星年快楽  恭賀星禧***

今年も周星馳を支持するファンが心一つにして
この春節を迎えられます事が
何より嬉しいですね!
またこの一年も、シンチーさんが健やかで、
シンチー映画が、世界のより多くの人々に
愛されますよう、皆様と共に願いつつ
共に応援を続けていきたいと思います。

2006年・周星馳を支持するすべての皆様にとっても幸運な一年でありますように!

I.C.O.J.星馳フレンズクラブ

*会員用ページをオープンしました。

2006年1月

★シンチーさんは1日記者の電話インタビューで、元旦はオンラインゲームをしていたと答え、今年は映画の他にデジタルやデザインの方面でも創意を提供したい、と言われたとの中国の報道がありました。今年必ず新作を撮るが、題材は「功夫2」とは限らない、とされています。
★陳冠希(エディソン・チャン)さんと組みHIPHOPで楽壇に進出?! という報道がありましたが、その後田啓文氏の「シンチーさんは歌には興味がない」とする発言もあり、未確認のようです。
★9日、「ブロードキャスト映画批評家協会賞」で「外国語映画賞」を受賞した「カンフーハッスル(功夫)」、16日(日本時間17日)発表の「ゴールデングローブ賞」でも同賞で陳凱歌(チェン・カイコー)監督の「無極(PROMISE)」と共にノミネートされています。出席予定のシンチーさんの座席がより舞台に近く有利、というユーモラスな報道も出ています。(記事はこちら。)

★「ゴールデングローブ賞」の座談会に出席したシンチーさん、当意即妙な受け答えで会場をわかせたそうです。16日の授賞式では惜しくも受賞は逃しました(シンチーさんも有力視していた「Paradise New」が受賞)が、「コメディの「功夫」が候補に入っただけで得難いことで、今回は自分にとっていい体験になった」と言われ、アン・リー李安(李安)監督が「ブロークバック・マウンテン(断背山)」で作品賞他四賞を受賞したことも喜ばれていたそうです。
★欠席されましたが、20日ロスで行われた「The 2006 Asian Excellence Awards」では、「作品賞」と「最優秀演技賞」を受賞されました。
★新作の題材として一部で報道された「宇宙飛行士とETの子どもの交流物」については否定し、幾つか題材があるがどれになるかまだ未定、という状況のようです。
★25日シンチーさんは、昨年1月のラジオ番組出演で知り合った行政長官・曾蔭權(ドナルド・ツァン)氏に昼食に招待されました。食後、シンチーさんに官邸の庭園を案内した曾氏は、自身の趣味の鯉の飼い方や夫人の趣味である園芸の心得を語ったそうです。海賊版対策や内地との映画条例など映画界の状況を話したというシンチーさんは、記者に「行政長官が最近各業種の友人と会い、新年の早めの挨拶の他に、各界の人々の生活を了解しようとする態度に本当に敬服している」と語ったそうです。
(記事はこちら。他)
★レストランで3月に結婚する友人・呉家楽さんを祝って騒いでいた古巨基(レオ・クー)さん達のところに、同じ店にいたシンチーさんが顔を出したというニュースが出ています。記事はこちら。他)
(Photo by 衣笠小姐 下はシンチーさんの事務所の金魚ちゃんです)

★NEW YEAR CARD募集他のお知らせ★

★恒例、シンチーさんへの旧正月 NEW YEAR CARD を募集
します。 バレンタインカードを兼ねても、別に送っていただいて
も結構です。

〆切りは1月30日です。
下記の入会案内のI.C.O.J.の住所で「カード募集係」宛にお送り
下さい。
会員の方は会員番号もご記入下さい。

お預かりできるのはカードのみ、A5程度の軽めのものでお願いします。
新作準備中のシンチーさん激励のため、ふるってご参加下さい!

★★会員ページオープンしました。★★

2005年12月

★14日、映画配給系列・UA院線主催の、香港映画過去二十年の興行収入ベスト10他の授賞式で、シンチーさんは作品部門で四作品(功夫(カンフーハッスル)・少林足球(少林サッカー)、審死官、家有喜事(ハッピー・ブラザー)がベスト10入りをし、星輝の社員が代理で受賞しました。男優部門でもアンディ・ラウさんに続き二位になりました。
★15日、シンチーさんは北京で亜洲電影博覧会の中国電影百周年祝賀パーティーと授賞式に出席、年度導演(監督)賞を受賞しました。学生服によく似た中山装での姿が
こちらで報道されています。
★「功夫」は11日にボストン映画批評家協会賞、19日にラスヴェガス映画批評家協会賞、20日にフェニックス映画批評家協会賞でそれぞれ外国語映画賞を受賞しました。他14日のゴールデングローブ賞でのノミネートを始め各映画賞でノミネートされています。

★先に2月に撮影開始と言われていた「功夫2」、少し遅れているようで、田啓文氏が3月頃、元秋さんは5月頃開始、と予想したという報道がありました。
クリスマス・イブに最近よく見る黒縁めがねの姿で記者に「聖誕快楽(メリー・クリスマス)」を言ったと報道されています。仕事の合間に行くビリヤードのクラブに、WTO会議への抗議デモの影響で行けなかった模様で、本人はめがねをかけると他の人に気づかれない、と思われているようです。新作は「功夫」続集か別なものかまだ決定していないとのことでした。(記事はこちら。

★NEW YEAR CARD募集他のお知らせ★

★恒例、シンチーさんへの旧正月用 NEW YEAR CARD を1月に募集します。
(〆切りは1月中旬~下旬を予定)新作の製作に励むシンチーさんを激励する
ため、ふるってご参加下さい!
お預かりできるのはカードのみ、A5程度の軽めのものでお願いします。
詳細が決まりましたら、UPいたします。

★ただいま会員ページを準備中です。もう少しお待ち下さい。