カテゴリー別アーカイブ: 最近的周星馳的事

FCからのお知らせ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

恭 禧  星  爺   生 日 快 楽 !
A HAPPY BIRTHDAY !!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お誕生日おめでとうございます。
~作品製作に生活に充実した一年を過ごされますように~

★☆ 5月に行ったFCツアーでは、シンチーさんに広州での仕事が決まり調整がとれず、大変残念ながらシンチーさんご本人にお会いすることができませんでした。が、シンチーさんと事務所のご配慮で、田啓文さんたちやシンチーさんのお母さんとお姉さんがおいでになり、参加者の皆さんと交流して下さいました。
(☆会員ページにFCツアー食事会レポをUPしました)
 

★☆★ 送っていただいたバースデーカードはシンチーさんにお送りしました。どうもありがとうございました!!(会員の方は、第二段送付分を7月15日迄受付ますのでFC住所宛に、会員Noご記入の上お送り下さい)

2006年5月

★5/13、14 シンチーさんは広州の大学城華南理工大学でファンタのCM第二段の撮影をしました。相手役は、山東出身で十八歳の新人の張雨綺さん。13日の運動着姿の張雨綺さんとカメラにむかいファンタを飲む場面では、NGごとに飲んだものを桶に吐いては撮り直すというハードな撮影もあった様子です。14日はオレンジ色のスペイン風ドレスを着た張雨綺さんのダンスシーンの撮影で、香港記者を招き彼女を紹介し、新作の有力なヒロイン候補と報道されました。校長役のシンチーさんは二日ともオレンジ色のシャツとグレーのパーカー、グリーンのズボン姿。CMは彼女に体操のしかたを指導する、という内容で7月頃公開とあります。
(写真はこちら
★張雨綺さんは上海戲劇学院舞蹈課に在学中、オーディションでその容貌とダンスの才能がシンチーさんの目にとまり、年明け後に星輝と八年間の契約を結んだそうです。シンチーさんが先に「夜上海」の撮影現場を訪ねたのは客演している彼女の演技を見るため、との報道もあります。
★5/16 田啓文さんが新作クランクインは6月予定と語ったそうです。暫定的な題は、「当中国大空人遇上外星人」(”WhenchinaspacemanfacesE.T”友人がつけた英題が面白かったのでそのまま中国語訳したとか)、中国の宇宙飛行士が地球軌道中で宇宙人と出会って起こる、おかしく不思議な物語、とのこと。CG制作費は功夫より低くはならないと語るも、出演者には口を閉ざしていたとの報道です。

2006年3月末~4月

★3/22、20日の晩シンチーさんが、林子聡、元秋、陳国坤、田啓文各氏と他のスタッフに、潮洲料理屋でフカヒレ他の豪華料理をおごったとの報道。林子聡さんの監督作「得閑飲茶」公開とウーディネ映画祭入賞を祝っての宴だそう。これからの心得を林子聡さんに語る楽しそうな姿が報道されています。(記事は こちら
★4/5、「挑戦」中国サイトの「挑戦周星馳八級考試」第1期が3/31で終了、サイン入りTシャツなどを含む賞品受賞者が発表され、第二期(4/1~4/31)がスタート。(成績表は 周星馳影迷論伝へ)
★4/6 湾仔のバーでの黄百鳴氏の誕生会、シンチーさんが赤ワインをプレゼントに行かれたとのこと。(記事は こちら
★4/14 青い運動着にマスク姿で上海の空港に到着した姿が報道されました。(写真は こちら
★4/15 ファンタ(オレンジ)のイメージキャラクターをひきうけたシンチーさん、(ファンタの映画スター起用は始めてとのこと)15日午後、上海科技館での「芬達笑園」(ファンタ学園)の「開学典礼」(始業式)に「校長」として出席。(写真は こちら)ファンタの公式サイトは こちら、 さわやかな校長ぶりが見られるCMは こちらの”芬達笑園 広告欣賞”からどうぞ。
★上のイベントの会見で、「功夫2」の製作すえ置きを発表、「いい脚本を考えるのには時間がいるので別の作品を先に撮る」とのこと。新作のことは多く語りたがらず「子どもが沢山出る映画、役者は老若男女がいる」。「開心(楽しい)」ということについての質問には「楽しくなるのは簡単なこと、例えば自分はさっき麺を食べただけで楽しいと思っている」と答えたそう。(記事は こちら
「夜上海」撮影中の張一白監督とスタッフをたずね、何場面か客演したとの報道も。

★4/16 寧波の万里国際学校に二度目の訪問。学生から新作の出演者を選ぶのが目的だが、学校を見て回る内童心にかえったか、シンチーさんはバスケのシュートをしてみたり、運動場で自分が審判をしてスタッフに徒競走をさせたり、自分も走った後、寝転がって陽を浴びていたとか。昨年12月から新作の撮影用の学校を探し、この学校が特に気に入ったそう。新作は中国の宇宙飛行士とETの子どもとの交流の物語と報道されています。6歳から12歳の子どもを何名か選ぶ予定で、五年生の郭くんという肥った男の子が残った様子。主役はシンチーさんで、女教師も何人か出演するかも、とのことです。(写真はこちらへ) 撮影開始時期は5月末との報道も。
★4/18 谷徳昭さんのお母さんの葬儀に参列されました。
★4/20 映画「食神」をアレンジした30集のドラマが、シンチーさんの脚本で上海で撮影開始。主役はシンチーさんの指名でコメディアンで人気歌手でもある王仁甫さん。共演は呉佩慈、陳国坤、梁小龍、行宇、林子聡各氏。小人物が奮闘して最後には成功する物語とのこと。(記事はこちら
★4/20 中国電影家協会主催の第28回百花奨のノミネートリストが発表。候補作十作品の約半数が香港作品で功夫も七部門でノミネート。発表は10月29日杭州で行われるそうです。
★4/25 MTV電影大奨(MTVムービー・アワード)のノミネート発表。「功夫」がシンチーさんと斧頭幇の戦いの場面で格闘シーン賞に、「SAYURI」がセクシー演技賞にノミネート。授賞式は6/3ロスで挙行。
★4/28 21日頃北京の空港で目撃されたのは、「功夫」のドラマ化の話を影視会社と検討していた他、中央電視の“娯楽藍球大賽”組織委員会と会って、大会CMフィルムを撮るよう話を受けた様子、と報道。詳細は確認中の様子です。

チャウ・シンチー特集上映

★NEW YEAR CARD 募集に参加いただいた皆さん、どうもありがとうございました。事務所からお礼のメールが届き、シンチーさんもとても喜ばれていたとのことです。

★シネマヴェーラ渋谷(サイトはこちら)で4月1日(土)~4月21日(金)「チャウ・シンチー:喜劇は国境を越える!」と題して、シンチーさんの映画13作が特集上映されます。(情報提供:美青小姐)
★4月1日開催の武術俳優 西 冬彦氏によるトークショー「カンフー武術家としてのチャウ・シンチーを語る」では、「少林サッカー」を買い付け日本に紹介された西氏から見た、シンチーさんの「武術おたく」である素顔が語られました。
★特集のタイムスケジュールはこちら

2006年2月~3月

★2/13、美容専門店の広州支店校長に就任したメイクアップアーチスト陳さんが、シンチーさんが「最も忍耐強くない」男優でメイクに五分しか時間をくれない、と明かしたと報道がありました。自然な効果のため、眼の「くま」をわざと半分残すのを好み、皆で「放蕩者メイク」と呼んだそうです。
★2/15、中国の製作会社が「食神」の脚本を買ってドラマ化するとの報道がありました。ヒロインは台湾の呉佩慈さん、主役は未定とのこと。
★2/16、「武状元蘇乞児」のドラマ版 「功夫状元」の番組宣伝に出演者が出席、田啓文さん、林子聡さん、元秋さんがシンチーさんの印象を語りました。(「功夫状元」特集ページはこちら
★2/28、 シンチーさんがコカコーラのファンタオレンジのCM出演をひきうけ、中国で二日間かけ撮影したとの報道がありました。(記事はこちら
★3/2、韓国製オンラインゲーム「デカロン」中文版「挑戦」公式サイトで、3/1よりシンチーさんの映画についての出題をし、上位成績者にシンチーさん直筆サイン入り賞品を送るという催し「挑戦周星馳 等級考試」が開始されました。この活動は「挑戦」サイトと中国の周星馳影迷会が共同で主催だそうです。(記事はこちら
★3/9、田啓文さんが3/8に「功夫2」の製作を一時とりやめ、脚本を長年温めていた宇宙人を題材にしたSF作品を夏に撮影開始予定、と発表。これは男性主体の作品でヒロインは基本的にいないとのこと。
★3/10、 シンチーさんが新作のSF映画のため寧波に行ったとの報道がありました。「寧波市旅遊大使」の彼が旅遊局の熱心な招待を受け、東銭湖、雲龍鎮と老外灘を訪れたとのこと。更に老外灘の豪邸の購入を検討中、とも報道されたが、それは初歩の検討段階にすぎないとのことです。星輝の発表では、シンチーさんは四月にクランクイン予定の新作のため寧波、広州で撮影場所を捜しに行ったそうで、ヒロインはまだ決まっていないとのこと。他に、シンチーさんが投資したドラマ「功夫状元」が中国で放映を開始、視聴率もよく陳国坤さん、林子聡さん達が喜んでいるとのこと。シンチーさんが新作のため子役を捜しているとの報道もありました。(記事はこちら