周星馳さんからのメッセージ – Chiau Sing Chi’s Message —

~ICOJスタッフの訃報によせて~

続きを読む 周星馳さんからのメッセージ – Chiau Sing Chi’s Message —

2007年3月

★3/1 運動着にキャップといういつもの格好で中環・蘭桂坊に現れたシンチーさん、「新年快楽」とだけ答えて、記者のフラッシュから逃れタクシーで去ったそうです。記事はこちら

★3/7 6日午後シンチーさんが旧総督府へ招かれ行政長官・曾蔭權(ドナルド・ツァン)氏夫妻に新年の挨拶をしたと報道がありました。シンチーさんは長官に映画業界に関する意見を述べ、予算案の三億ドルの電影発展基金割り当てを支持したとのこと。長官に人材育成への考えを聞かれ、簡単には説明できず「お茶を飲んで饅頭を食べる(飲杯茶、食個包*ドラマ「蓋世豪侠」での有名なセリフ)だけだった」そうです。(記事はこちら

★3/9 シンチーさん傘下の会社の総合サイト「無厘頭網」が近頃パブリックテスト段階に入ったという報道です。「無厘頭快快」等のオンラインゲームなどを含むもので、完成にはまだ時を要するが将来は公式サイトの一部になるかも、とのこと。田啓文さんは、シンチーさんはこのサイトに意見は出しておらず、星輝公司自らの発想であると語っています。(記事はこちら

★3/18~ 「長江7号」が編集を基本的に完成し近い内に国家電影局に審査を申請、暫定的に6/25に中国全土で公開の予定、という報道がありました。しかし、続く報道では星輝に確認した回答として、「シンチーさんのCG処理への要求が特に厳しく現在修正中のため、編集はなお未完成で、夏休みに間に合わない可能性が高い。そうなれば新年の上映になるだろう」と発表しています。上映時期の決定は、この後のCG編集の進行状況によるようです。(記事はこちら

★3/24 3/23晩、湾仔・修頓球場で開催の曾蔭權氏の行政長官選挙のための支持集会に出席したシンチーさん、発言はせず最後に壇上に上がり曾氏と握手をしたと報道されています。電影基金のために曾氏を支持するのではなく「映画人はまず自らが自分たちを助けなければならない。これが最重要だ」と記者に答えたとのこと。(記事はこちら

 

会報発送のお知らせ

★FC会員の方に会報を発送しました。未着の方がいましたら、ご連絡下さい。

★★シンチーさん宛NEW YEAR CARD募集は終了しました。
たくさんのご応募、ありがとうございました!!★★

 

2007年2月

☆☆☆恭喜發財! 萬事如意!☆☆☆

★2/7 5日の晩、中環でシンチーさんと著名作家・金庸氏、倪匡氏、ほか張敏儀、蔡瀾、徐小鳳、陶傑各氏ら豪華な面々の会食が行われた、と香港蘋果日報が報道しました。会食中、シンチーさんは、金庸氏の代表的な登場人物を集めた武侠映画の構想があり、金庸氏に脚本をさらに発展させてもらいたいと希望したそうです。他の小説は映画化しないのかたずねた金庸氏に、シンチーさんは「射鵰英雄伝」「神鵰侠侶」「鹿鼎記」の三作が気に入っているが、映画は全く新しい題材で撮った方がいい、と答えたそう。昔から氏の小説が好きで憧れの人物だったシンチーさん、自転車を送って一緒に乗る申し出をして喜ばれていたそうです。(記事はこちら

★2/11~ 一年半以上続いた黄聖依さんと星輝の違約問題訴訟の和解が成立、双方訴訟を取下げることになりました。

★2/16 日本のフジテレビ系列の制作会社の重役二人が、シンチーさんを映画「少林少女」のプロデューサーに招くため来港、シンチーさん、張雨綺さんと会食したという報道です。張雨綺さんが、少林寺の功夫を用いてアイスホッケーをする中国少女を演じる、という構想もあり、交渉は初歩の段階だがシンチーさんは多く意見を出していたそうです。(記事はこちら

★2/16 香港返還10周年を記念し香港電台と香港電影金像奨が合同で開催する「香港特区十周年電影選挙」のノミネートが2/15に発表、「少林足球」が最佳電影と最佳男主角、「少林足球」と「功夫」が「最具創意電影」でノミネートです。審査員の投票を経て4/3が授賞式だそうです。(記事はこちら

☆新作「長江7号」はCG処理進行中だが最短でも4ヶ月かかるため、夏休み上映はかなり難しそう、と田啓文さんがブログに書かれており、完成迄まだしばらくかかるようです。(ブログはこちら

2007年2月

☆☆☆恭喜發財! 萬事如意!☆☆☆

★2/7 5日の晩、中環でシンチーさんと著名作家・金庸氏、倪匡氏、ほか張敏儀、蔡瀾、徐小鳳、陶傑各氏ら豪華な面々の会食が行われた、と香港蘋果日報が報道しました。会食中、シンチーさんは、金庸氏の代表的な登場人物を集めた武侠映画の構想があり、金庸氏に脚本をさらに発展させてもらいたいと希望したそうです。他の小説は映画化しないのかたずねた金庸氏に、シンチーさんは「射鵰英雄伝」「神鵰侠侶」「鹿鼎記」の三作が気に入っているが、映画は全く新しい題材で撮った方がいい、と答えたそう。昔から氏の小説が好きで憧れの人物だったシンチーさん、自転車を送って一緒に乗る申し出をして喜ばれていたそうです。(記事はこちら

★2/11~ 一年半以上続いた黄聖依さんと星輝の違約問題訴訟の和解が成立、双方訴訟を取下げることになりました。

★2/16 日本のフジテレビ系列の制作会社の重役二人が、シンチーさんを映画「少林少女」のプロデューサーに招くため来港、シンチーさん、張雨綺さんと会食したという報道です。張雨綺さんが、少林寺の功夫を用いてアイスホッケーをする中国少女を演じる、という構想もあり、交渉は初歩の段階だがシンチーさんは多く意見を出していたそうです。(記事はこちら

★2/16 香港返還10周年を記念し香港電台と香港電影金像奨が合同で開催する「香港特区十周年電影選挙」のノミネートが2/15に発表、「少林足球」が最佳電影と最佳男主角、「少林足球」と「功夫」が「最具創意電影」でノミネートです。審査員の投票を経て4/3が授賞式だそうです。(記事はこちら

☆新作「長江7号」はCG処理進行中だが最短でも4ヶ月かかるため、夏休み上映はかなり難しそう、と田啓文さんがブログに書かれており、完成迄まだしばらくかかるようです。(ブログはこちら

チャウ・シンチー公式ファンクラブ