東京・キネカ大森にて周星馳映画祭!

東京の「キネカ大森」で「周星馳電影的世界」と題して星仔の映画が レイトショー公開されます。

期 間 :7/10(土)から8/20(金)まで
上映時間:連日8:00PMよりロードショー
当日料金:一般、学生1200円、シニア・水曜1000円

キネカ大森(JR京浜東北線「大森」駅下車、西友5F)
TEL 03-3762-6000

・上映予定
7/10(土)~7/16(金) チャイニーズ・オデッセイPart1 月光の恋
7/17(土)~7/23(金) チャイニーズ・オデッセイPart2 永遠の恋
7/24(土)~7/30(金) マッド・モンク 魔界ドラゴン・ファイター
7/31(土)~8/6(金) ミラクル・マスクマン 恋の大変身
8/7(土)~8/13(金) 0061北京より愛をこめて?!
8/14(土)~8/20(金) 008皇帝ミッション

夏休みの時期に入りますので、東京近郊に来られる予定がある方は ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう?残念ながら「食神」は契約の都合で 上映出来ないそうですが、現在劇場で見ることが可能な作品が網羅されています!

「食神」視聴率

テレビ読売「食神」放映の御支援ありがとうございました。
視聴率の方も、GW中の深夜ながら時間の遅いのが災いし、視聴率は0.8%・占拠率は27%という成績だったそうです。
占拠率からいえば、この時間帯にテレビを見ていた人の4分の1が「食神」を見てくれたことにはなりますが、なにぶん起きていた人が少なかったのは残念でした。
ただ、関西は約800万世帯ですので、0.8%ということは 関西地区の約6万4千世帯でこの映画が見られたことになります。
1世帯一人は少なくとも見ていた・・・と考えられますから、大まかにいって、関西で6万4000人が「食神」を見てくれたということになります。これは凄いですね!
一般的に視聴率といえば「世帯」を単位としてます が、深夜の場合ほぼ「世帯数」=「視聴者の人数」に限りなく近いと 考えられます。つまり6万4千世帯ということは6万4千人が見た と推計されるということです。
サインプレゼントにも120通ほどの応募があり、この時間帯にしては かなり多い方だそうです。編成部の映画担当の方も感心してらっしゃったとのこと。
関西ファンの皆様、、本当にありがとうございました。

ナイター延長に御用心!(99/4/24)

いよいよ「食神」の読売テレビでの放送が近づいてまいりましたが、 4月29日はナイターがあり、最大30分延長の可能性ありだそうです。
ってことは・・・最悪深夜3時10分スタートもあり・・・ということ。
ビデオ収録の皆さまは気をつけて30分長めにセットしてください。
当日はナイター(巨人vsヤクルト)がさっさと終わってくれるよう、祈りましょ う。

チャイニーズ・オデッセイ」の脚本(99/4/23)

さゆさんからの情報です。

「チャイニーズ・オデッセイ」の脚本(というか台詞)が載っているページを見つけました。
全部のシーンではないのですが、部分部分がのっています。
どちらかというとPART2の月光の恋のほうが、多く載っています。
(ちなみに1~15まで番号があって5までがPART1です。)
アドレスは
http://personal.gz168.net/singchi/dhxy.htmです。 字幕では削除されていた言葉とかおもしろいです。
あと、映画ではカットされているが実はこの場面の後にはこんな台詞が続く、といったことも載っています。
中国語(あれは広東語?)の勉強にもなるので、一度試しに アクセスしてみてください。

さゆさん、ありがとうございました!

「食神」東京キネカ大森にて上映

同じくMASAKOさんからの情報です。

東京では『食神』がシアター上映されます。
上映館:東京 キネカ大森(シアター)
期 間:5/1(土)~5/7(金)まで
注)上映時間:連日PM8:00よりのイブニングショーです。
当日料金:一般¥1000 学生¥800

(以下入手したチラシの抜粋です)
「香港映画コレクション by NIFTY SERVE」という企画で上映される本。
パソコン通信(NIFTY SERVE)とインターネットで、映画ファンに好きな香港映 画ベスト5を投票で募り(1/9~2/10まで実施。投票者総数494名、映画タ イトル総数237作品) 、その中から現在上映可能な上位10作品を選んで 上映しています。(3/13~5/21まで)
詳しい情報は、http://www.cinemabox.com/ まで。
ダイレクトに入りたい場合は、 http://www.cinemabox.com/contents/event/index.html まで。

ちなみに「食神」は上映可能な順位の中で8番目。
投票結果では 20位に入っていました。
あと公表されている50位までの中に「チャイニーズ・オデッセイPart1月光の恋」と「0061北京より愛をこめて」がともに 34位にランク。
星爺の作品は上映やビデオ化の本数がまだまだ少ないけど、少なくとも日本で観ることのできる作品は、星爺のファンだけでなく、多くの香港映画を観ている人たちにも人気があるんだと、あらためて実感。あとの2作品もいつか上映されることを期待しつつ、報告を終わります。
by MASAKO

MASAKOさん、ありがとうございました!また情報ありましたらどしどし お寄せ下さいませ!

チャウ・シンチー公式ファンクラブ