★業界人が心をこめて読み解き、夢の力を伝える 1

公式微博でのコメント集です。ネタバレはありません。

・馮志強(監督、脚本家):笑いの中に涙があった。長いことこんな笑って心行くまで楽しみ、同時に何度も感動して涙する映画を見たことがなかった。これが私の「新喜劇之王」の見てすぐの感覚だ。

・郭子健(監督):この映画はとても星爺で、とても真にせまり、とても哀しく、とても物悲しく、しかしまたとてもユーモアがある!

・谷徳昭(監督、脚本家):「新喜劇之王」が好きだ。「古い」ということは悪いというわけではない。ただ細かい全ての部分に厳格な処理をし、童心や真心を抱く、古いアイデアはいつも人の心に直接に届くいいアイデアである。

・叫獸易小星(監督、俳優):言葉、編集方法、アイデアの設計も皆大胆でひらめきに満ちている。

・李霄峰(監督、脚本家、制片人):急な展開? それは急な展開だ、正常なカテゴリーを超えてこそチャウ・シンチーだ。

・翁子光(脚本家、監督):飴の衣を捨てた砲弾のように励まし感動させる、チャウ・シンチーには深く秘めた処世術の深さがある。人生の成功と失敗、家族の情、希望を語り、平常のように見えるが細やかさに満ちた方式を用い、爽やかで見て心地よい。

・包貝尓(俳優、監督):「新喜劇之王」が好きだ。

コメントを残す