★成都での発布会


★1/29 成都での発布会にシンチーさん、鄂靖文さん、景如洋さん、疾風少女の李子璇さん、劉人語さんたちが出席しました。シンチーさんたちは観客のために豚の絵で「猪(祝)福」を送り、四川語の予告を上映しました。シンチーさんは疾風少女に主題曲を歌わせたわけを、「彼らはかつて夢を追う際小さな失敗にあったが、私の見る所、大成功した。彼らは皆努力と奮闘の代表だ」と語り、李子璇さん、劉人語さんは皆に「疾風舞」を指導しました。シンチーさんは「『新喜劇之王』が描くのは、小人物が努力して生活し夢を追い求めるストーリーだ。『喜劇之王』上映20年後に、これらの端役たちがまた戻って来た。今まさに努力奮闘している無数の若者たちを力づけられることを望んでいる」と言ったとのこと。(記事はこちら他)

コメントを残す